6月 2013

Viewing posts from 6月 , 2013

ラッキーてんとう虫?!

ラッキーなてんとう虫?!幸運のはじまりか?

 

 

昨日、朝一でお店に入ると一匹のてんとう虫を発見。

 

そーっと手にとって外に、逃がしてあげた。

 

ふと、思った。

 

今日は、何かいい事がありそう。

 

この直感がその後に何が起こるか知る由もなかった。

 

ランチの営業が始まり、この日少しゆっくりめのスタート。

 

12時15分に七名様の予約があったので予約のある日は、ある程度予測ができる。

 

なので、少しなめていた。

 

15分のお客様が12時ちょうどにやって来た。

 

ここからが、嵐の始まり!!

 

お客さんが出ては、入ってくるの繰り返し。

 

あれよ、あれよと気づけばランチ営業の終わる時間。

 

これは、先ほどのてんとう虫のおかげか??

 

この勢いのまま、すぐに買い物に出る事に。

 

バイクにまたがり、新御堂筋を一気に駆け抜ける。

 

新御堂筋を降り一個めの信号を曲がったところに悲劇が??

 

これは、悲劇かそれとも何かのお告げか!!

 

ピピピっと笛の音が。

 

どうやら、僕みたい。

 

停止をして警察官の話を聞くと、信号の前で人が横断歩道を渡っていたら一旦停止をしなければ、ならないらしい。

 

どやこや言っても、警察官は切符を切るのに必死なので何も言わずにここは、我慢。

 

あれあれ、幸運のてんとう虫?!

 

少し乱暴運転に何かの知らせか??

 

ある意味ついていたのかも??

 

半日でなんとも濃い一日。

 

何事もプラスに!!

 

明日からは、安全運転で!!

 

気づきに感謝!!

箕面の鍋焼きうどん。

家族庵の鍋焼きうどん。うどん屋さんの鏡!!勉強になりました。

 

 

月曜日は、お店の定休日。

 

なるべくいろんな所に食べに行くようにしている。

 

今回は、箕面のうどん屋さんの家族庵さん。

 

鍋焼きうどんと天ざるが有名との事。

 

箕面、池田、豊中、ぜんぜん土地勘が無く美味しい所も知らない。

 

そこは、お客さんから情報を集めて。

 

ほとんどハズレは無し。

 

まずは、一押しの鍋焼きと天ざるをオーダー。

 

初めに天ざるが登場。

 

エビ天が二本。

 

見ただけで、サクサク感がわかるくらいの絶妙な上がり。

 

もちろん、蕎麦も美味い。

 

続いて、鍋焼きが登場。

 

あまりのデカさにビックリ。

 

具の多さが僕の心をくすぐる。

 

その具をかき分けてうどんにたどり着くと、それまたたまらん手打ち感満載の太さともっちり感。

 

手で切っているのか、少し麺の太さにばらつきが。

 

これはこれでええ感じ。

 

メニューに載っていなかったのでたぶん無いとはわかっていが、ご飯ものがあるか聞いてみた。

 

やっぱり無かった。

 

ここにちょっぴりこだわりを感じる。

 

寿司屋は寿司。

 

うどん屋はうどん。

 

焼肉屋は牛肉。

 

商売の鏡です。

 

勉強になりました。

 

学びに感謝!!

お茶碗。

RSS手作りの味。黒いお茶碗にピカピカ炊きたてご飯!!

 

 

あじ蔵の食器たち。

 

三田の丹文窯(たんぶんがま)で焼かれた器。

 

焼いてくれているのは、マーちゃんコト大西さん。

 

確か、僕より三つ下やったから三十四才のイケメン。

 

今では、人気の陶芸家さん。

 

このお茶碗たちも、そう。

 

左手にある黒いのもお茶碗。

 

正直、初めはご飯=白いお茶碗ってイメージ。

 

「黒はどないかな??」

 

実際ご飯を入れてみると、ここは陶芸家の見せ所!!

 

やっぱり様になる。

 

黒いお茶碗に、炊きたてのピカピカご飯。

 

相性バッチリ。

 

若い作家さんの独創的なイメージ。

 

恐れいりました。

 

手作りならでは、味と深み。

 

重ねても真っ直ぐにならないのも味。

 

企画ものが多いこの頃。

 

一手間加えた仕事に、職人を感じる。

 

伝統は、これからも続く!!

 

若い力で!!

 

器、マーちゃんに感謝!!

 

2004。ボルドーファンにオススメ!!

ボルドーファンにオススメ!!

2004 ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・クラ ベルトラン・アンブロワーズ

 

ピノノワール

 

フランス

 

赤・中重口

 

ブルゴーニュ

 

一貫して品質が安定しており、いつも素直に美味しいと感じるベルトラン・アンブロワーズ。

 

ラベルの格付けよりも1ランク上かと思うほどの味わいが楽しめます。

 

凝縮感があり、果実味もジャミー、酸の鋭さを過剰に感じさせず、骨組みもしっかり。

 

タンニン豊富ながら、まったりしていて飲みやすく、樽香も適度な味わいなので、ボルドー・ファンにもお勧め♪♪

お花には、優しい今週!!

百合の香りがいっぱい!!あ〜たまりません!!

 

梅雨に入りなかなか雨が降っていなかった。

 

気温も高くめちゃ熱い日が続いた。

 

お花を入れても、一週間も持たなかった。

 

営業中は、エアコンがかかっていて涼しいが。

 

昼の休憩になる時間ぐらいから、西日がやばい。

 

お店の前には、大きな建物があるが、何故か西日の時間帯の所だけ歯抜けになってる。

 

なので西日が、ガンガンに当たってお店がカンカンに熱くなる。

 

休憩終わりに一歩、お店に入れば西日と冷蔵庫、水槽の熱風で、うんざりするほど熱い。

 

そんな中で、じっと耐えている花。

 

やっぱりすぐに枯れてしまう。

 

今週は、雨のお陰で湿気がある分ジメジメして人的には暑いが花には優しい一週間。

 

ユリが元気に咲いている。

 

焼肉屋、肉臭い!!

 

そんなのありません!!

 

今週は、ユリの香りがいっぱい。

 

営業に入って換気扇回せば一瞬で無くなりますが。(笑)

 

300グラムオーバー!!

300グラムオーバー!!肉より高いやん!?

 

いつもあじとあわびを頼んでいる業者さんが間違って、めっちゃデカいあわびを。

 

初めは自分の目を疑ったくらい。

 

でもデカいもの好きの僕。

 

一瞬で一目惚れ!!

 

値段を聞いて、一瞬ひるみかけたが。

 

即、購入。

 

かなりの自己満足だが、水槽に入っているデカいあわび。

 

かっこいい。

 

食べたい。

 

ずっと入れて置きたい。

 

ふっと気づく。

 

一個の値段、メニューにある肉のどれよりも高い。

 

焼肉屋なのに肉より高いものが?!

 

しんちゃんに言われるまで気づかず。

 

それにしても旨そう。

 

 

それにしても、松山英樹すごすぎる。

 

頑張れ石川遼!!

こんなんどない??

こんなん出ましたけど!!v

サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ オー・ゲット シモン・ビーズ

 

ピノノワール

 

フランス

 

赤・中重口

 

ブルゴーニュ

 

シモン・ビーズの人気はそのワインの水準の高さにありますっ!

ぺルナン・ベルジュレス側の斜面上部に位置する1級畑オーゲットは、果実味たっぷりでタンニンもしっかりとした赤ワインを生み出します。

素直に美味しい、一押しサヴィニー・レ・ボーヌです。

焼肉ではなく、アメリカンローストビーフ!!

RSSかなりの演出とパフォーマンスにメロメロ!!ええ勉強にまりました。

 

 

昨日は、お肉料理で焼肉以外で何かないかと探していて以前に予約が取れなかった念願の「Lawry’s The Prime Rib」ロウリーズ ザ プライム リブへ!!

 

11時半オープンに平日にもかかわらず、予約で満席。

 

当日のゲストをお断りしていた。

 

入る前から、かなりの期待度がアップ!!

 

まず、中に通されて天井の高さとアールデコ調の内装にビックリ!!

 

子供もいたので、一番奥の席に通された。

 

この心使いに、少しうっとり。

 

基本の内容は一緒で、お肉のカットの仕方で少しづつお値段が違う。

 

嫁は、スタンダードにランチカットで僕は、せっかく来たので少し厚めのカリフォルニアカットで。

 

多分300グラムやったかなぁ~。

 

まず初めにサラダバーから。

 

これも結構ええ感じ。

 

ノーマルな野菜と少し変わりダネもあり野菜の種類がかなり多くヘルシーな感じ満載。

 

他にスープも温かいのと冷たいスープもあり。

 

これを食べ終わると、メインのお肉がやって来る。

 

シルバーと呼ばれるカートに乗った大きな塊のプライムリブが運ばれてくる。

 

それを目の前でオーダーした大きさにカットしてくれる。

 

迫力、演出ともかなりのパフォーマンス。

 

この地点で心はまた、メロメロに。

 

食べてみて一つ思ったことが。

 

僕個人的には、薄切りの方が美味しく感じた。

 

ソースもよく絡むし食べやすかった。

 

昨日は、本当に勉強になった一日だった。

 

気づきに感謝!!

パワーアップ計画!!

パワーアップ、肉定食計画。

 

 

ランチの肉定食のパワーアップ計画。

 

お肉屋さんといろいろと模索中。

 

今回は、うでの部位でフケ。

 

パッと見て、少し固そう。

 

しかし、細かなサシが入っていて味がありそうな感じ。

 

触った感じかなり固そうな感じなので薄くスライスに。

 

まかないがてらに焼肉をして試食。

 

サッと炙って一口。

 

味は、あっさりしながらも結構味があるが?!

 

でも、やっぱり固い。

 

自分達で食べるにはいいが、お客さんに出すレベルでわ??

 

まだまだパワーアップ計画進行中!!

 

 

FIFA コンフェデレーションズカップ杯 ブラジル2013

 

日本完敗!!

 

この差がどこまで縮むかが今後の楽しみ。

 

長友選手、本田選手のインタビューが衝撃的すぎ。

 

頑張れニッポン!!

 

 

2009 マーティンボロー・ヴィンヤード ピノ・ノワール

ニューワールド。価格良し。味も良し。

2009

 

マーティンボロー・ヴィンヤード ピノ・ノワール

 

ピノ・ノワール

 

ニュージーランド

 

赤・中重口

 

ワイララパ

 

マーティンボロー・ヴィンヤードのモットーは、ブルゴーニュ地方の小規模なドメーヌの姿勢にも通じる「手づくりのワイン」。

 

チェリーやラズベリーのニュアンスが感じられる繊細さで伸びのある味わいはブルゴーニュ・ファンも十分に愉しめる仕上がりです。

 

加えてよく熟成するワインで、10年近くを経たものはその魅惑的な芳香とともにうまみ、ヴォリューム感が増し、数々のコンクールでの入賞もむべなるかなという納得の1本に成長します。