11月 2014

Viewing posts from 11月 , 2014

だんだん、やっと。

やっと。
今頃になって。
スルメイカが大きなやつが出始めた。
今までのは、例年以上にちっちゃかった。
身も薄く。
それは、それで柔らかくて美味しいが、やっぱり大きい方がね。
食べ応えもあって、味も抜群。
こんなスルメイカ。
剥きまくってます。
この皮をはぐのが慣れれば簡単なのだが、新人ちゃんにしてもらうと時間がかかる。
要領がわからゆからね。
これを剥きまくって、要領をつかむのだ。
これからの冬。
スルメイカいっぱい買って。
スルメイカを攻略だ!!
色々と仕事覚えることあるけど、頑張れ。
錦織くん負けてしまったね!!
だいぶんいい感じやったのに。
試合の途中で焼酎飲み過ぎて、リビングで気を失ってた。
この寒さでは、命取りに。
今日は、おとなしく早く布団で寝よっと。

よく出るね。

最近、よく焼酎がでる。
その一テーブルでワン銘柄だけってパターンが多い。
最近特に多い。
黒霧島。
くろきり。
ここ最近の人気がすごい。
手頃で美味しい。
だいたい何処にでも売っている。
それと安い。
どれを取っても文句無し。
小回りの効く一番バッターで感じかなぁ。
この横。
これは、不動の四番バッターで感じかなぁ。
伊佐美。
これも中々のパンチがあって美味い。
焼酎もそれぞれ味が違い。
様々な顔を持っている。
焼酎最高ですね。
寒い日に、お湯割りなんかで香り高い芋焼酎なんていかが!!
明日は、寒いみたい。
錦織くん、がんばれ!!

ポカポカ、スープ!!

ポカポカになるスープ。テールスープ!!コラーゲンたっぷりよ!!

明後日ぐらいから、一気に温度が下がるみたい。

朝がだんだんと起きにくくなるこの頃。

布団から出るのが本当に辛い。

そんなこの頃です。

さてと。

寒くなるとランチに爆発てきに人気。

チゲかな?!

一番わ。

そんな一二を争う。

スープ定食の定番。

テールスープさん。

これが、あっさりしながらも濃厚かつコラーゲンいっぱいで。

お肌もツルツル。

身体も芯からあっためてくれる。

そして何と言ってもホロホロに煮込まれたテール。

これが柔らかいは、美味いの何のって!!

一つ口に入れると次へと次へと。

素手でいって、しゃぶりつく。

これがテール醍醐味。

ピリッと効いた、ブラックペッパーもたまりません。

そんなこんなで、テールスープ出来上がっております!!

なんじゃこら??

RSSめちゃおいしかった。その名は、セミエビ。初めて食すの巻。

この物体。

初めて見た。

初めて知った。

カブトガニ??

エビ??

なんじゃこら??

食べれるん??

どうやって?

アルバイト君のけんごの差し入れ。

地元愛媛からの。

地元では、メジャーな食べもんらしいが。

あんまり出回ってないものらしい。

その名は、セミエビ。

茹でて食べるのがええらしい。

塩茹でで。

どの位、茹でたらいいのかわからず3分くらいで上げたら怒られました。

「まだ、ですよ!!」

そんなん知らんし。

ちゃんと教えてや!

5~6分茹でるとええあんばいに。

包丁で一気に真っ二つに。

見た目は、ぜんぜん身が無さそうやったが。

切ってみると伊勢海老のようなプリプリの身が。

これが美味いらしい。

どれどれ?!

なんじゃ~これ!!

めっちゃぐちゃ美味いじゃん。

けんごもご満悦。

ドヤ顔がハンパない。

地元では、一匹三百円くらいで売ってるらしい。

スーパーで。

こんな絶品の海老が。

出会えてよかった。

恵と出会いに感謝!!

おおきに、けんご!!

江坂に新たなお店が。

昨日は、江坂でお食事。
近いようで遠い、江坂。
先月オープンしたばかりのボラーレさんへ。
場所は、肉の小林さんのちょうど裏。
少しくらい通りを入ると、パッと明るく上品でオシャレなお店が。
倉庫を改装して上手にイタリアンレストランに。
中は、天井も高くスペースもゆったり。
オッシャレ〜〜。
僕たちは、奥の厨房が見えるテープルへ。
厨房は、オープンキッチンで食欲をそそられる。
まずは、前菜盛り合わせ。
かっこいいお皿にドーンと12種類の色鮮やかなお料理が。
パスタもお腹が空いていたので先に持ってきてもらうことに。
パスタもちょうどええ加減の麺の固さ。
味もあっさり濃厚な味。
自家製つくねに。
愛媛県の姫っこ地鶏のグリル。
この地鶏が程よい固さに、味もバツグン。
それらに一緒に使われている野菜たちもフレッシュで美味しい。
お腹いっぱい満足なディナーでした。
写真を撮るのを忘れ、僕の額入りの厨房風景で。
すんません。
料理の写真が〜〜。
残念。
また次に行った時にでも撮ろっと。

これで何を切るんでしょうか?

これも包丁。
中華包丁ではありません。
その名は。
クレバーナイフ。
主に骨を切るナイフ。
切ると言うか、骨を切断するような感じ。
これで何をきるか。
なんやと思います。
多分みんなわからんと思います。
答えは、テール!!
牛の尾っぽ。
尻尾。
まずは、関節の間で肉を切っていき。
ある程度の大きさに普通の包丁でぶつ切りにしていきます。
その後にぶつ切りにしたお肉を立ててそれをこのクレバーナイフで一気に真っ二つに切る。
そのため用の包丁。
これ無くして、テールスープ無し。
無くてはならないもの。
こんな包丁のお話でした。
なんせ丈夫です。
こやつ。