修理。

6月 2015

Viewing posts from 6月 , 2015

修理。

器のお話。

お店で使っていると、どうしても器の使う頻度が高い。

そうすると割れたりチップしたりする確率は高い。

なんぼ割らないのが少ないと言っても割れる事はある。

チップする事も。

今回そのチップしたお皿達を修理。

その名もなんちゃって金つぎ。

ほんまもんの金つぎは、さすがにできませんので。

自分でなんちゃって金つぎを。

チップしたお皿。

ちょっとくらいと思いたい所だが、出されたお客様としてはあまりいい気分ではない。

この金の漆を塗るとチップした箇所が金色のアクセントに見える。

チップしてないかのように。

こんな技法があるなんて!!

これも先日、まーちゃんに教えてもらって即実行。

ええやん。

なんか。

それでチップして眠っていたお皿達にも新たな命が。

これで表舞台に。

一旦はダメになったものの現役に復帰。

さぞかし喜んでいるだろう。

もうちょっと僕の技術が上がる必要がありやね。

頑張って練習します。

そんな器の修理のお話でした。

久々にお伺いしました。

MAIL_uv4nzclxqdx6bsyi
この前の月曜日の定休日。

いつもあじ蔵の器を作ってもらっている三田の丹文窯さんへ。

どのくらいぶりやろ。

かなり久々に。

着くなり先生??

ここでは、まーちゃんとして。

まーちゃんに。

久々ですね。

すんません。笑

って!!

勝さん所、ぜんぜん器わらないんですか??

他のお店屋さんちょいちょい来るんですけど?!

自慢じゃないけど。笑

うちの店。

ほんまに食器をわらない。

その秘訣は?

そう。

みんなのお陰。

スッタフの人達が洗い物をしてくれるんですが、その子達が上手に丁寧に綺麗にいつも洗ってくれるお陰。

ほんとにたまに割る事もあるが、割れたらかええよじゃなく。

なぜ割れたのか。

じゃぁ次、割れないようにするのはどうするべきなのか??

これを考えるのが大事。

洗い物一つもやり方は様々。

仕事って奥深いよね。

そんなこんなで今回は、取り皿、タレ皿、塩タンの皿をオーダー。

少しがっつり目に。

そのついでに気に入ったお皿達もGET。

新たなお皿との出会い。

使うの楽しみ。

さ〜〜何を盛り付けよっかなぁ?

お花の為にも小さな花瓶を。

オーダーしたお皿どんなのができるか楽しみ。

到着が待ち遠しい。

物がほんまに少ないこの頃。

BSEが出て約3年から5年くらいかなぁ。

その牛が育ているはずの今。

牛の数めちゃくちゃ少ない。

その牛さん達がいないから。

赤身の肉も少ないが。

とにかくホルモンがぜんぜん無い。

困ったもんだ。

その中でもタン、はらみは極端に少ない。

確保するどころか、入ってくるかこないかがわからない。

そんなはらみでもこの隔膜、和牛となればまたまたもっと少ない。

牛肉業界。

物が無い。

高い。

買うが、売れない。

牛がいない。

負の連鎖がすごい。

なんかいい手が無いのか。

悩む。

僕にでもできることがあればいいのだが。

どうしていいのかわから無い。

今できることは、いっぱい買っていっぱいお店で売ること。

これぐらいしかでき無い。

本当にこの先どないなるんやろ??

不安で。

そんなんではらみの隔膜の写真。

美味しそう!!

食べたい。

このまま焼いて噛みつきたいくらい。

この状態から綺麗にしたら約半分の目方に。

結構お肉ってロスが多いんです。

明日もはらみ入って来ますように。

今回の生花。

五月は、異様なまでに暑かったのに6月になりその暑さもひと段落か。

最近、朝晩と少し冷え込む。

そんなこんなで。

今回の生花。

だんだん夏に近づき花が痛むスピードがめっちゃ早い。

本当に命ってものは、儚い。

ずっと綺麗でいてくれたらいいのに。

嫁も。笑

冗談は、これくらいにしておいて。

明日は、定休日。

何食べよっかなぁ??

ぜんぜん思いつかない。

でわ。